美容室・美容院 [ CAPA・CREA ] 人気のキセキのパーマ!極上ヘッドスパ!縮毛矯正! 茅ヶ崎、小田原下北沢能見台秦野渋沢本厚木相武台前茅ヶ崎全9店舗

Home Concept Outline Policy Blog
サロンリスト 店舗情報 お得情報 ヘアカタログ トレンドカラー キセキのパーマ ヘッドスパ
T R E N D C O L O R
ホーム >  S T R A I G H T
S T R A I G H T  硬くならない傷まない縮毛矯正
硬くならない痛まない縮毛矯正
縮毛矯正をやった後に毛先がチリついたり、硬くなって広がることないですか?
それは髪の毛をタンパク変性してまっすぐにするときに起こる現象でタンパク凝集体と言います。 このタンパク凝集体が硬くなりすぎたり、ちりつきのの原因になるのです。
通常の縮毛矯正は強いアルカリ性の高い薬剤で髪を軟化させて、その後、高温のストレートアイロンでタンパク変性をさせてまっすぐに髪を変形させます。

その時に髪が特に毛先が硬くなったり、チリつくように手触りが悪くなることをタンパク凝集体と言います。 これは卵を目玉焼きにすることと同じでです。たんぱく質の卵をフライパンであげるとタンパク変性がおこりたんぱく凝集体になり、やりすぎると焦げて硬くなってしまいのです。
今回、CAPAの縮毛矯正薬にはタンパク凝集体抑制成分(グルコサミン)が配合されてます。
グルコサミンが入ることでタンパク変性時にタンパク擬集体になることを防ぎます。ただし、すでに髪がタンパク変性によりタンパク凝集体になっている場合は元には戻りません (別の髪への加工が必要になります。)
綺麗なストレートヘアを保ちたいなら三つのことに意識されることをおすすめします。
1. 使ってはいけないシャンプー

→ 石油系のシリコンタイプのシャンプーやトリートメントは絶対使わない。
  タンパク変性時にタンパク凝集体になりやすく、軟化をまばらにしてしまう。
2. 使ったほうが良いシャンプー

→ タンパク凝集体は縮毛矯正後もおこります。
  シャンプー後のドライヤーやアイロンなどによる熱処理です。
  そのためにできるだけ髪のタンパク質を壊さないシャンプーやトリートメントがおすすめです。
3. 使った方がいいアウトバス

→ タンパク凝集体は縮毛矯正後もおこります。
  シャンプー後のドライヤーやアイロンなどによる熱処理です。
  そのためにできるだけ髪のタンパク質を壊さないラクトンカンなどのキューティクル補正と
  熱処理に強いものを必ず使ってください。
気になるお値段は?【グルコサミン入りの縮毛矯正体験価格】
今回業界初【グルコサミン入りの縮毛矯正体験価格】としまして、
通常価格 15,000円 → 
御贔屓さま価格 9,900円  でご提供します。

いままでにない質感と手触りを体験ください。(有効期限2017年5月31日までです。)